2017/09/19 EC2(Linux)・EBS・Amazon EMR・AWS Batch の請求が 1秒単位に

前へ << 2017/09/27 GCP の Compute Engine・App Engine 等が AWS より5日早く秒単位課金を開始。Windows も RHEL も OK! 2017/09/15 Google App Engine に無料・自動更新なマネージドSSLが登場 >> 次へ

このページは AWS ブログの New - Per-Second Billing for EC2 Instances and EBS Volumes について、Google 翻訳 + 当ページ管理人の低い英語力で翻訳したものです。

当ページ管理人による要約:

  • 2017/10/2 より、EC2 (Linux)・EBS・Amazon EMR・AWS Batch の請求が 1秒単位となる。
  • ただし最低でも1分間の課金がある。1秒だけ使っても 60秒の課金。61秒つかったら 61秒の課金。
  • EC2 はオンデマンド・リザーブド・スポットいずれも適用される。
  • EC2 であっても、Windows や有料の Linux ディストリビューション (RHEL 等) は、1時間単位のまま。 AWS Marketplace 製品も 1時間単位のまま。
  • EBS 全体が 1秒単位となるのか、1秒単位請求となる EC2 にぶらさがっている EBS のみが 1秒単位となるかは読み取れない。

競合比較は下記。

  • Azure VM (仮想マシン) は 1分単位 (秒単位切り上げ)。付随するディスクについて明記はないが、素直に読むと 1分単位であろう。
  • GCP Compute Engine は、1分単位 (秒単位切り上げ) だが、最低でも 10 分間ぶんの請求。Compute Engine で使用できるディスクは、秒単位で日割り計算。
というわけで、秒単位になったことはよいことではあるが、Windows・有料 Linux ディストリビューションは対象外であるなど、「EC2 最強!」というにはちょっと微妙である。Amazon RDS などは依然として 1時間単位請求であることに注意。

EC2インスタンスとEBSボリュームの請求が 1秒単位に

昔は、コンピューティングパワーにアクセスする必要がある場合は、サーバーを購入またはリースする必要がありました。 2006年にEC2を立ち上げたとき、1時間にインスタンスを使用し、その時間だけを支払う機能は大きなニュースでした。 Pay-as-you-goモデルは、すべてのタイプのアプリケーションを開発、テスト、実行するための新しい方法となりました。

今日、AWS Lambdaのようなサービスは、短期間に多くの有益な作業ができることを証明しています。多くのお客様は、EC2のアプリケーションを夢見ています。このアプリケーションは、数分の時間を短く、場合によっては数分で多くのインスタンスを有効に活用できます。

EC2およびEBSが1秒単位の請求に

2017/10/02より、オンデマンド・リザーブド・スポットで起動されるLinuxインスタンスの使用は、1秒単位で請求されます。同様に、EBSボリュームのプロビジョニングされたストレージも、1秒単位で課金されます。

1秒単位の請求は、Amazon EMRとAWS Batchにも適用されます。

Amazon EMR: 当社の顧客は、結果をより迅速に得るために、EMRクラスタに容量を追加します。クラスタ内のEC2インスタンスに対する1秒単位の課金は、ノード追加時のコスト効率を向上させます。

AWS Batch: 顧客が実行するバッチジョブの多くは1時間以内で完了します。 AWSバッチはスポットインスタンスを起動して終了します。 1秒単位の請求でバッチ処理がさらに経済的になります。

当社のより洗練された顧客の一部は、ゲーム、アドテック、3Dレンダリングファームを管理する際に最も有利なターゲットインスタンスを戦略的に選択することにより、EC2から最大の価値を引き出すシステムを構築しています。秒単位の課金では、インスタンスの余分な管理が不要になり、すべての顧客およびすべての作業でコストを節約できます。

これは多くの作業負荷の価格低下をもたらしますが(私たちが値下げを愛していることhはご存知のとおりでしょう)、私はそれがこの変更の最も重要な側面だとは思わないのです。私は、この変化が、革新し、新しい方法でコンピューティングに縛られた問題を考えるよう促すでしょう。あなたはどうすれば継続的な統合のサポートを向上させることができますか? 開発者やテストワークロードの一時的な環境をプロビジョニングする方法を変更できますか?分析、バッチ処理、3Dレンダリングはどうですか?

クラウドコンピューティングの多くの利点の1つは、必要に応じてプロビジョニングまたは停止できるリソースの柔軟性です。 秒単位での請求は、お客様は弾力性を高め、お金を節約し、顧客はコンピューティングの進歩を利用できるようになります。

知っておくべきこと

この変更はすべてのAWSリージョンで有効で、新しく起動された、またはすでに実行されているすべてのLinuxインスタンスに対して 2017/10/02 に有効になります。時間単位の料金が別途必要なMicrosoft WindowsまたはLinuxディストリビューションを実行するインスタンスには、現在のところ1秒あたりの請求は適用されません。 1インスタンスにつき最低1分の課金があります。

価格表示とスポット市場価格は依然として1時間単位で表示されますが、リザーブドインスタンスの使用率と同様に、請求額は秒単位で計算されます(1時間以内に複数のインスタンスを起動、使用、終了し、リザーブドインスタンスの特典すべてのインスタンスに対して)。また、請求書には "316.771 Hrs" のように10進数小数の時間が表示されます。

地域別料金、EBSスナップショット、およびAWS Marketplaceの製品は、依然として1時間ごとに請求されます。

前へ << 2017/09/27 GCP の Compute Engine・App Engine 等が AWS より5日早く秒単位課金を開始。Windows も RHEL も OK! 2017/09/15 Google App Engine に無料・自動更新なマネージドSSLが登場 >> 次へ