GCP とは何か

前へ << Azure 全サービスを 3行で解説 GCP 全サービスを 3行で解説 >> 次へ

GCP とは何か

GCP は "Google Cloud Platform" の略で、Google 社が提供するクラウドサービスです。

2008年に登場したときは "Google App Engine" という名称だったので、 多くのエンジニアは「あの、世界最高の検索エンジンを作る Google の技術に触れてみたい」という思いだったと思います。 しかしながら、全体的にクセが強く、当時は IaaS (仮想マシン) もなく、GAE の大幅値上げでブーイングを受けたりして、 AWS に追いつくどころか AWS の背中は遠くなるばかり。

しかしながら、その後テコ入れが行われます。 2012年、Google Compute Engine (仮想マシン) を発表、 2013年、Google App Engine や Google Compute Engine などを統合する概念として "Google Cloud Platform" を発表。 さらに 2016年11月、東京データセンタが開設され、Google の本気度が感じられます。

2017年10月現在、機能網羅という意味では AWS・Azure に一歩劣るものの、 精力的に機能追加を行なっており、先行きは明るいと考えます。 一方で、金額的には AWS・Azure と比べると明確に安いと言えます。 現時点では十分クラウドサービスの選択肢になりえると思います。

さらに、BigQuery・Bigtable などのビッグデータ対応については、 速度面・金額面で GCP が有利な印象を受けます (当ページ管理人の私見)。 また、Google 主導で開発されてきた Kubernetes (コンテナ・オーケストレーションツール) に、 2017年 AWS や Azure も乗っかる形となり、存在感が増しています。

さらに 2018年1月の「Spectre」(スペクター)・「Meltdown」(メルトダウン) 発見の際、 AWS・Azure は仮想マシンの再起動を前倒しで実施したりしてバタバタとしていたときに、 Google は「GCP はライブマイグレーションですでに対策済ですが何か?」 としれっと言っていた (当ページ管理人のイメージ) 件で、GCP の存在感が高まるのではないかと予感します。

前へ << Azure 全サービスを 3行で解説 GCP 全サービスを 3行で解説 >> 次へ