UNIXの部屋 コマンド: ~/.cshrc


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

設定ファイル ~/.cshrc csh・tcsh 用設定ファイル

csh・tcsh の起動時に自動的に読まれる設定ファイル。sh・bash とは全く関係がない。

設定ファイルと言っても、内容はただの csh スクリプトである。~/.cshrc を更新したときは、一度ログアウトしログインし直すか、あるいは
% source ~/.cshrc
とすればよい。

ここでエラーが起こった場合は
% csh -fx ~/.cshrc
とすれば、どこでエラーが発生しているかがわかる。

普通、このファイルの中では、常に設定しておきたいこと、例えば
  • set コマンドでパスの設定
  • alias コマンドで alias の設定
  • set コマンドでシェル変数の設定
  • setenv コマンドで環境変数の設定
  • その他シェルの設定など (complete・umask など)
などを書いておく。

なお、tcsh を使っている場合でも、~/.tcshrc が存在しない場合は ~/.cshrc が読み込まれる。


頑張って書いたおすすめコンテンツ!