UNIX/Linuxの部屋 コマンド:vi


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

コマンド vi 基本的なエディタ

システム管理者にとっては必須のエディタ。viには編集モードと書き込みモードがある。起動直後は編集モードになっており、hjkl でカーソル移動、x で削除などができる。ここで a や i を押すと書き込みモードになり、タイプした文字がそのまま表示される。ESC を押すと編集モードに戻るので、:w、:qでセーブ・終了できる。

とりあえず覚えておくべき基本キーバインドはこれ。
h 1文字左に移動
j 1文字下に移動
k 1文字上に移動
l 1文字右に移動
x カーソルがある文字を削除
dd カーソルがある行全体を削除
a カーソルがある位置の次の文字から文字列を挿入 (書き込みモードに移行)
i カーソルがある位置に文字列を挿入 (書き込みモードに移行)
o カーソルがある行とその次の行の間に空行を挿入 (書き込みモードに移行)
O カーソルがある行の次の行に空行を挿入 (書き込みモードに移行)
ESC 書き込みモードから編集モードに戻る
yy カーソルがある行全体をコピーバッファに入れる
p カーソルがある行の次の行にコピーバッファの内容を挿入
/文字列 文字列を検索
:q viを終了
:q! セーブせずにviを終了
:w ファイルをセーブ
:w file-name ファイル名を指定してセーブ
実行中に書き込みモードになっているのか、編集モードになっているのかわからなくなったら、とりあえず ESC を押すこと。さすれば編集モードになるであろう。
>> Solaris10オンラインマニュアル(man) Solaris10 vi(1)

読み方 vi (UNIXコマンド) [う゛い・あい] [う゛ぃー・あい]

"VIsual" の略。


頑張って書いたおすすめコンテンツ!