UNIX/Linuxの部屋 rshコマンドの使い方


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

コマンド rsh リモートシェル

別のホスト (リモートホスト) で任意のコマンドを実行する。

リモートホスト foo.bar.com に user というアカウントがある場合は、
% rsh -l user foo.bar.com command
とする。ローカルホストでのユーザ名と、リモートホストでのユーザ名が同じな場合は
% rsh foo.bar.com command
と、-l オプションを省略できる。

% rsh foo.bar.com ls > output.txt
とすると、foo.bar.com で ls コマンドを実行した結果を、ローカルホストの output.txt に出力する。一方、
% rsh foo.bar.com "ls > output.txt"
とクォーティングすると、foo.bar.com で ls コマンドを実行した結果を、foo.bar.com の ~/output.txt に出力する。

rcp・rsh を使うには、リモートホストの ~/.rhosts に、ローカルホスト名とローカルホストでのユーザ名が記述されている必要がある。

rcp・rsh はセキュリティに少々問題がある。詳しくは ~/.rhosts で説明する。
>> Solaris10オンラインマニュアル(man) Solaris10 rsh(1M)
>> Solaris10オンラインマニュアル(man) Solaris10 rsh(1)
>> FreeBSDオンラインマニュアル(man) FreeBSD rsh(1)
>> Linuxオンラインマニュアル(man) Linux rsh(1)


頑張って書いたおすすめコンテンツ!
クラウドサービス徹底比較・徹底解説