UNIX/Linuxの部屋 nmコマンドの使い方

TOP UNIX/Linuxの部屋 UNIX/Linuxコマンド一覧 用語集 新版 由来/読み方辞書 環境変数マニュアル Cシェル変数 システム設定ファイル システムコール・ライブラリ ネットワークプログラミングの基礎知識 クラウドサービス徹底比較・徹底解説




コマンド nm 実行ファイル、ライブラリのシンボルテーブルを表示 このエントリーをはてなブックマークに追加

目的のライブラリ関数が、どのライブラリに入っているかは nm コマンドで探すとよい。例えば sin 関数がどのライブラリに入っているかわからないときは
% nm -o /usr/lib/*.a /usr/X11R6/lib/*.a | grep sin
とすればよい。参照のみのシンボル (実体がない) は
U _sin
と表示されるので、
% nm -o /usr/lib/*.a /usr/X11R6/lib/*.a | grep sin | grep -v ' U '
とすると、参照のみのシンボルを除外できる。

nm -D /usr/lib/libc.so
>> Solaris10オンラインマニュアル(man) Solaris10 nm(1)
>> FreeBSDオンラインマニュアル(man) FreeBSD nm(1)
>> Linuxオンラインマニュアル(man) Linux nm(1)