UNIX/Linuxの部屋 コマンド:mail

TOP UNIX/Linuxの部屋 UNIX/Linuxコマンド一覧 用語集 新版 由来/読み方辞書 環境変数マニュアル Cシェル変数 システム設定ファイル システムコール・ライブラリ ネットワークプログラミングの基礎知識 クラウドサービス徹底比較・徹底解説




コマンド mail 簡易的なメーラー このエントリーをはてなブックマークに追加

% mail foo@example.com < file
file の内容を foo@example.com に送る
% mail -s hoge foo@example.com < file
さらにサブジェクトを hoge とする

日本語を含んだメールを送る場合は、必ず nkf コマンドなどで文字コードを ISO-2022-JP(いわゆる JIS コード) に変換すること。
% nkf -j < file | mail -s "HOGE FUGA" foo@example.com
>> FreeBSDオンラインマニュアル(man) FreeBSD mail(1)
>> Solaris10オンラインマニュアル(man) Solaris10 mail(1)

Cシェル変数 mail メールが保管されるファイル名 (メールスプール) このエントリーをはてなブックマークに追加

メールが届くと、コマンドラインに
You have new mail.
と表示される。これはシェルが定期的にメールスプールを調べ、新着メールがないかチェックしているからである。

普通、メールスプール名は /var/mail か /var/spool/mail なので、
% set mail = /var/mail/$USER
% set mail = /var/spool/mail/$USER
などと設定しておくとよい。