UNIX/Linuxの部屋 コマンド:lynx


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

コマンド lynx テキストブラウザ

起動時に
% lynx http://www.foo.com/~bar/index.html
とコマンドラインで URL を与えると、指定したページを表示する。ローカルファイルを
% lynx dir/index.html
としてもよい。

起動後はカーソルキーの上下で移動し、リターンキーでリンク先へジャンプする。Ctrl-n、Ctrl-p で前後に1行ずつスクロールする。カーソルキーの左右で、直前に見ていたページに移動できる。

lynx は国際化されているが、デフォルトで日本語を表示すると化けてしまう。日本語を表示させるには、lynx を起動して O)ption、C)haracter set として Japanese(EUC) を選択する。選択後に「>」を押すと設定を ~/.lynxrc にセーブする。

-source URL 指定のURLを読みこみ、標準出力に書き出す。
% lynx -source http://www.foo.com/~bar/index.html
% lynx -source http://www.foo.com/~bar/sample.jpg > sample.jpg

HTTP proxy の設定は、環境変数 HTTP_PROXY で設定できる。

読み方 lynx (UNIXコマンド) [りんくす]

テキストブラウザ。

組み込み向けリアルタイム OS として LynxOS という OS もあるが、テキストブラウザの lynx とは関係ない。


頑張って書いたおすすめコンテンツ!