UNIXの部屋 コマンド: touch


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

コマンド touch ファイルのタイムスタンプを変更、ファイルを新規作成する

ファイルを新規に作成する場合は、
% touch sample
とする。これでサイズが 0 のファイル sample が作られる。また、sample が既に存在した場合は、タイムスタンプが現在時刻に変更される。ファイルのタイムスタンプを任意の時刻に合わせたい場合は、-t オプションを使う。1月2日3時4分にしたいなら、
% touch -t 01020304 sample
とする。また、1998年12月5日20時51分にしたいなら、
% touch -t 199812052051 sample
とする。秒数まで設定する場合は`.'を付けて
% touch -t 199812052051.15 sample
とすればよい。

オプション
-c 指定したファイルが存在しなかったら新しくファイルを作らない
-f ファイルのパーミッションを無視してタイムスタンプを変更する。
-a 最終アクセス時刻を変更する。
-m 最終更新時刻を変更する。

タイムスタンプについての解説は以下の項を参照。
>> 用語集 タイムスタンプ *

ファイルの最終更新時刻、最終アクセス時刻、最終ステータス変更時刻を表示したい場合は、ls -l を使う。
>> コマンド ls *

指定したサイズのファイルを生成したい場合は、mkfile や dd を使う。
>> コマンド mkfile *   dd *
>> OSオンラインマニュアル(man) Solaris10 touch(1)
>> OSオンラインマニュアル(man) FreeBSD touch(1)
>> OSオンラインマニュアル(man) Linux touch(1)


頑張って書いたおすすめコンテンツ!