UNIX/Linuxの部屋 Cシェル変数:savehist


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

Cシェル変数 savehist ログアウト時に~/.history に保存する履歴の数

シェルを終了すると、そのとき保持しているヒストリ情報が ~/.history に書き込まれる。次回シェルを起動したときに ~/.history が読まれて、前回のヒストリ情報を引き続き使う。savehist はシェルの終了時に ~/.history に保存するコマンドの数を指定する。
% set savehist=1000
とすると、現在からさかのぼって 1000個のコマンドが ~/.history に保存される。

ただし、X上で複数の kterm を開いた場合、結局最後に終了したシェルが ~/.history を上書きしてしまい、その他のシェルのヒストリ情報は残らない。tcsh なら
% set savehist = (1000 merge)
とすることで、全てのシェルのヒストリがマージされて保存される。


頑張って書いたおすすめコンテンツ!
クラウドサービス徹底比較・徹底解説