UNIX/Linuxの部屋 nslookupコマンドの使い方


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

コマンド nslookup IP アドレスを FQDN に、FQDN を IP アドレスに変換する

DNS サーバに問い合わせて、IP アドレスを FQDN に、あるいはその逆に、FQDN を IP アドレスに変換する。

FreeBSD での名前解決は、
  • /etc/host.conf を参照。/etc/hosts を先に参照するか、DNS に問い合わせるかを調べる。
hosts、bind の順で書いてあったら、先に /etc/hosts を参照し、その後 DNS サーバに問い合わせ。
bind、hosts の順で書いてあったら、先に DNS サーバに問い合わせ、その後に /etc/hosts を参照。
  • /etc/hosts を参照。ここで見付かれば終了。
  • /etc/resolv.conf を参照し、DNS サーバの IP アドレスを取得
  • DNS サーバと通信し、名前解決
のような手順となる。

ここらへんの設定ファイルは OS によってかなり異なり、Solaris だと /etc/host.conf はなく、/etc/nsswitch.conf だったりする。
>> Linuxオンラインマニュアル(man) Linux nslookup(8)
>> FreeBSDオンラインマニュアル(man) FreeBSD nslookup(1)


頑張って書いたおすすめコンテンツ!