UNIX/Linuxの部屋 コマンド:cat

TOP UNIX/Linuxの部屋 UNIX/Linuxコマンド一覧 用語集 新版 由来/読み方辞書 環境変数マニュアル Cシェル変数 システム設定ファイル システムコール・ライブラリ ネットワークプログラミングの基礎知識 クラウドサービス徹底比較・徹底解説




コマンド cat ファイルの内容を表示する(パイプ)。複数のファイルを連結する このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新


UNIX/Liux における cat コマンドは、指定したファイルの内容を表示するコマンドである。さらに、複数ファイルの結合や、行番号の表示にも使われる。ファイルが長くて一画面に収まらない場合は、more や less などのページャと呼ばれるプログラムを使う方がよい。



cat コマンドの基本的な使い方
cat コマンドの引数にファイル名を渡すことで、ファイルの内容を表示することができる。
% cat sample.txt
ファイル名を複数指定すると、全てのファイルを表示する。ファイルグロブ (ワイルドカード) での指定も可能である。
% cat file1.txt file2.txt file3.txt
⇒ 3つのファイルを表示する
% cat file*
⇒ file* にマッチするファイル全てを表示する
cat -n オプションで、行番号を表示することができる。
% cat -n file1.txt
abc
def
g
hi

% cat -n file1.txt
   1 abc
   2 def
   3 g
   4 hi
cat にファイル名を指定しない場合、標準入力からデータを読む。
% mycommand | cat -n
   1 hoge
   2 fuga

cat コマンドのオプション
▷ -n 行番号を表示
▷ -b 行番号を表示。空行をカウントしない
▷ -s 連続する空行を1行の空行として表示
▷ -v コントロールコードを文字列 (^X や M-x など) として表示する
▷ -t -v オプションに加えて、ダブを ^I で表示する
▷ -u 出力をバッファリングしない
▷ -e 行末に "$" を出力する。

cat コマンドを使ってファイルを作成
標準入力にも何も指定しない場合、tty (端末) からの入力を待つ。エディタなしでさくっとファイルを作成したい場合、下記のようにすればよい。
% cat > sample.txt
hogehoge (とタイプして ENTER)
(行頭で Ctrl-d で終了)
% cat sample.txt
hogehoge

ファイルの結合
cat コマンドは、split コマンドで分割したファイルを結合するときにも使われる。
% split sample
% ls x??
xaa xab xac
% cat xaa xab xac > sample2
>> Linuxオンラインマニュアル(man) Linux cat(1)
>> FreeBSDオンラインマニュアル(man) FreeBSD cat(1)
>> Solaris10オンラインマニュアル(man) Solaris10 cat(1)

読み方 cat (UNIXコマンド) [きゃっと] [かっと] このエントリーをはてなブックマークに追加

複数ファイルをつなげて出力するという意味で "conCATenate" の略。