UNIX/Linuxの部屋 設定ファイル:/dev/null


※空白区切りで AND 検索 (例:「ファイル 削除」)

設定ファイル /dev/null ゴミ箱。空のファイル

/dev/null への出力は、ディスクに書き込まれることはなく、全て破棄される。例えばコマンド hoge の実行時間を計りたいときは
% time hoge
でなく、
% time hoge > /dev/null
とすることで、画面出力などの余分な時間を取り除き、純粋な実行時間を知ることができる。

また、/dev/null を読むと、いきなり EOF が現れる。よって、
% cat /dev/null > file
% cp /dev/null file
は、0 バイトのファイル file を作る、あるいは既に存在する file を 0 バイトにする効果がある。


頑張って書いたおすすめコンテンツ!